親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

子供の力になる習い事は何がいい?

画像1

こんにちは。子供の習い事は何がいいか考えてしまうパパ・ママも多いのではないでしょうか。どうせなら、将来の力になるようなことをさせてあげたいですよね。そこで今回は習い事を始めるメリット・デメリットと厳選した2つの習い事を紹介します。

 
 

子供の習い事、メリット・デメリット

メリット

・沢山のことが学べる。

・保育園や幼稚園・学校以外での交流関係が築ける。

・親が教えられないことも教えられる。

子供が「やりたい!」といったことを習わせてあげることがまず大事。本人のやる気が入口として最も大事です。

デメリット

・帰宅時間が遅くなる。

・遊ぶ時間が減りがちになってしまう。

・親の経済的負担が大きい。

地域によっては帰り道が物騒なところもあるので心配です。特に、小学生くらいから一人で通うこともありますよね。加えて、親としては費用の高い習い事の場合経済的負担が大きくなってしまいます。その結果途中でやめてしまうこともあるようです。

  
 

そろばん

画像2

そろばんはこれから生きていく過程で必要な計算力をつけるのに最適な習い事です。学校の授業はもちろん、受験や社会に出たあとも多いに役立ちます。さらに指を使うことで脳神経を刺激します。神経系は3、4歳頃がもっとも発達するのです。費用も平均的な月謝は6000円(週3、1回1時間)と非常に手が出しやすくなっています。且つ、一生もののスキルが身につくと考えると是非検討したい習い事ではないでしょうか。

 
 

水泳

画像3

水泳は呼吸器が鍛えられ、体力がつきます。風邪などの病気になりにくくなるなどのメリットも。他にも両手両足使うことでバランスのとれた身体になり、他のスポーツでも有利になります。さらに定期的な進級テストによって目標や課題に取り組むことも経験できます。これは勉強にも活きますね。費用の相場も5000円~7000円ほど。そろばん同様、手の出しやすい習い事となっています。

 
 

まとめ

いかがでしたか。今回は2つに厳選して紹介しました。本人の興味と将来の力を検討して我が子にあった習い事を見つけたいですね!


関連記事

コメントは利用できません。