親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

新聞紙とポリ袋で手作りおもちゃ!

ボールキャッチ①

ボールは子どもが好きなおもちゃの1つでもありますが、家の中で遊ぶとぶつかって物が壊れてしまう危険があります。今回紹介する手作りおもちゃは新聞紙でできたボールで、そのボールをキャッチしようとするおもちゃなので、家の中でも比較的安全に遊ぶことができます。

 
 

ボールキャッチおもちゃの作り方

ボールキャッチ②

<材料>

・新聞紙

・ポリ袋 1枚

<道具>

・透明テープ

・はさみ

 

1)新聞紙を棒状に丸める。

→長い方がボールの受け口、短い方が取っ手部分となります。

ボールキャッチ③
 

2)受け口をポリ袋の直径に合わせ、透明テープで輪にする。

 

3)取っ手を半分に折り曲げ、透明テープで固定する。

→透明テープを何重にも巻き、硬くすることで壊れにくくなります。

ボールキャッチ④
 

4)透明テープを使い、ポリ袋を受け口に針貼り付ける。

→ポリ袋をやや広げて覆うように貼りつけると、外れにくくなります。

ボールキャッチ⑤
 

5)新聞紙を丸め、ボールを作ると完成です。

→子どもの手のサイズに合わせて、新聞紙1/4サイズを使いました。

ボールキャッチ⑥
 

2人1組でおこなう遊びで、1人がボールを投げて、1人がキャッチします。子どもにも持ちやすい太くて短い取っ手なので、歩けるようになった子どもから遊ぶことができるでしょう。雨の日に、家の中でする遊びとしてオススメです。

 
 

まとめ

・新聞紙とポリ袋で手作りおもちゃ。

・家にある材料で完成する。

・雨の日に家の中で楽しめるおもちゃです。


関連記事

コメントは利用できません。