親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

「ジャンボうさぎ」や「ポニー」と触れ合える体験も!実りのフェスティバルへ子どもと一緒に。

写真1

サンシャインシティで行われていた「農林水産祭り:実りのフェスティバル」に足を運んだ為、レポートします。

 
 

特産品

写真2

各都道府県の特産品などが紹介されています。食品や飲み物などに関しては、実際に試食・試飲することもできます。

とてもおいしそうなにおいがするところは特に、たくさんのお客さんが集まっていました。金・土日曜日で開催されていた為、金曜日の午前中に足を運びましたが、たくさんの人でにぎわっていました。

 
 

ジャンボうさぎとの触れ合いコーナー

写真3

秋田の県南からやってきた「ジャンボうさぎ」と触れ合えるコーナー。体重は7.5kgほどあるとのことで、1歳の娘とならんでいる姿をみるととても不思議な感じもしました。娘が真っ先にさわりに行き、楽しんでいました。動物好きな娘は、飽きることなく長いことうさぎをさわったり眺めたりしていました。途中、うさぎがおしっこやうんちをする姿までみて、驚いていた娘でした。お土産に、貝殻でつくられたかわいらしいウサギのキーホルダーまでいただいてご機嫌だった娘。秋田やうさぎに関する資料をいただきましたが、うさぎの写真は娘が気に入っていた為、自宅に飾らせてもらいました。

 
 

ポニーの体験乗馬コーナー

写真4

都内の乗馬クラブのコーナーにも足を運びました。乗馬体験ができるとのこと。1歳の娘は「さわることができるぐらいかな?」と思っていましたがスタッフの方々がフォローしてくださってポニーに乗って写真撮影してもらうことまでできました。その後は、ポニーの体に触れたりしながら楽しんでいた娘でした。

小学3年生ぐらいから、ブラシをかけたりしながらお世話をしつつ乗馬の練習をすることが可能とのことです。3・4回練習すると、ポニーが歩いている状態で乗ることができるそうです。大人よりも、お子さんの方が上達が早いとのことです。レッスン中は、お子さんの体に合わせた大きさの馬を選んで乗ることができるそうです。

 
 

まとめ

デパートでのイベントは、お子さんが楽しめるコーナーも設けられているケースが多いです。ぜひさがして、足を運んでみてくださいね。


関連記事

コメントは利用できません。