親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

赤ちゃんに様々な紙を渡してみた実験。噛みちぎったら没収!

紙①

赤ちゃんは紙が大好きです。お口にすぐ持っていき、カミカミ。そしてヨダレと歯の力で噛みちぎり、破片を飲みこんでしまうこともあります。今回は、生後10ヵ月になり歯が6本生えている息子で実験です。紙を渡したら一体どれくらいのスピードで紙をちぎるのか…。ご参考にしてください!

 
 

薄いチラシ

紙②

噛んだ回数:1回→ちぎる

新聞に入っていた薄くペラペラのチラシ。見事に1回で噛みちぎられました。

 
 

封筒

紙③

噛んだ回数:2回→ちぎる

DMで送られてきた封筒。しっかりとした紙質の封筒ですが、すぐに噛みちぎられました。

 
 

厚手のチラシを2重重ね

紙④

噛んだ回数:3回→ちぎる

厚手でパリッと張りのあるチラシ。これを半分で折り、輪になった部分をあげました。1回目の時は、「これは噛み切るのが難しいかな?」と思うほど、紙が強かったですが、ヨダレの水分で紙がヨレヨレになり、3回で噛みちぎられました。

 
 

丸めた紙

紙⑤

噛んだ回数:1回→ちぎる

小さく丸めただけの紙。すぐに噛みちぎられました。ペラペラしている部分を狙っているかのように噛んでいました。

 
 

周りをセロハンテープで補強した紙

紙⑥

噛んだ回数:8回→ちぎられない

輪になっている以外の部分に、セロハンテープを貼りました。紙よりもセロハンテープに興味を持ち、噛んでも紙がちぎれることはありませんでした!そのうち、満足したのか、それ以上置いていても噛むことはありませんでした。

紙はすぐに噛みちぎられるので危険だと感じました。そして紙を取り除こうとして入れた指も噛むので、ママも危険!セロハンテープを貼るだけで、噛みちぎられる危険はグッと減るので、紙で遊ばせる際にはお試しください♪

 
 

まとめ

・赤ちゃんは紙が大好き。

・紙はすぐに噛みちぎられる。

・セロハンテープで周りを補強すると危険は減る。


関連記事

コメントは利用できません。