親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

子どもでも安心♪紙コップで作るクラッカー!

紙コップクラッカー①

売っているクラッカーは大きな音で、火薬も入っています。イベント時には盛り上がりますが、小さな子どもには少し危険を感じます。今回は、家庭にある材料だけで簡単に作れるクラッカーの作り方です。子どもと一緒に作れるクラッカーとなりますので、遊びながら作ってみてください!

 
 

紙コップクラッカーの作り方

紙コップクラッカー②

<材料>

・紙コップ 1個

・輪ゴム 3個

・ストロー 1本

・テープ

 

紙コップクラッカー③

①キリなど先のとがったもので、紙コップの裏に穴を開けます。

 

紙コップクラッカー④

②輪ゴムを3個結ぶように繋げます。

 

紙コップクラッカー⑤

③ストローを2cmの長さのものを2本切ります。

 

紙コップクラッカー⑥

④紙コップの穴から輪ゴムを入れて、ストローを通し、セロハンテープで固定します。

→まずはストローと輪ゴム、その次に紙コップとストローをとめることで、上手く固定することができます。

紙コップクラッカー⑦

⑤片方の輪ゴムの端にもストローを固定します。これが持ち手となります。

⑥小さく丸めた折り紙など、飛ぶものを入れたら完成となります!

→白い紙コップで作ればお絵かきもできます。柄付きの紙コップでも可愛いですね♪

大きな爆発がしないので、既製品のクラッカーが苦手な子どもにもピッタリです。小さな紙の破片もないので、お掃除も楽々!

 
 

まとめ

・紙コップで作るクラッカー。

・製作時間は10分。

・イベント時に子どもでも安全に使える。


関連記事

コメントは利用できません。