親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

これからの暑い季節!熱中症に注意しよう!

熱中症_001

夏に向けてどんどん暑い日が近づいています。外で遊んでいる時も、室内で遊んでいる時も熱中症予防をきちんとしましょう。

 
 

熱中症とは?

熱中症_002

熱中症とは運動や暑熱から起こる体の障害の総称です。熱中症の症状とは、めまいやだるさ、吐き気や筋肉の痙攣など、重症になると意識がもうろうとしたり歩けなくなったりします。特に子どもは体温調節機能が十分に発達していないため熱中症にかかりやすく、うまく言葉に伝えられないといったことがあります。そこで大人が熱中症予防をし、早めに気づいてあげられることがとても大事になってくるのです。

 
 

屋外にて

熱中症_003

天気のいい日や気温が高い日は熱中症にかかりやすくなります。対策としては、水分をこまめにとらせてあげてください。1時間に1回と時間を決めてあげるといいでしょう。汗で塩分も排出されているので水分をとる時に少しの塩をなめせてあげるといいですね。帽子も頭部に直接日光が当たることがなくなるので熱中症予防になりますが、必ず通気性の良い帽子にします。帽子の色は薄い色を選び、フェルト生地のような厚手の素材の帽子は避けましょう。ベビーカーを使っていると地面からの熱が受けやすくなるので、ベビーカーの椅子の裏(地面から直接熱が当たるところ)にアルミホイルを貼り付けておくと、熱が上がってくるのを防ぐことができます。

 
 

屋内にて

熱中症_004

まさか屋内では熱中症はないんじゃない?と思う人もいるかと思いますが、実際に室内で熱中症にかかる人はとても多くいます。室内熱中症という言葉もあるくらいなのです。特に風通しの悪いところや、日光が当たる場所は蒸し暑くなります。対策としては、室内温度を気にしながらこまめに風通しをして、蒸し暑い状態にならないようにしておきましょう。

 
 

まとめ

熱中症は命を落とす可能性もあるとても危険な病気です。大人がいち早く子どもの異変に気付いてあげることで、軽度の症状で済むことが多くあります。しっかり予防をして、熱中症かも?と思ったら涼しいところに連れていき水分をとらせ、ひどい時は医療機関に連れて行きましょう。いっぱい遊んで楽しい夏になるといいですね。


関連記事

コメントは利用できません。