親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

アレンジしやすい!粉末離乳食で簡単で美味しく出来上がる赤ちゃんご飯

離乳食①

一人目の時は、必ず離乳食を一から手作りしていました。しかし二人目ともなると、時間も無いし手抜きしがち…。メニューも同じようなものばかり。買い物に行った際、離乳食が売っているコーナーには今まで知らなかった、お助けアイテムが多彩にありました!そんな中、お湯に溶くだけで簡単にアレンジがきく、粉末離乳食が使いやすかったです♪

 
 

バリエーションを増やせる!粉末離乳食

離乳食は生後5ヵ月頃から始まり、1歳半の幼児食に移行するまで続きます。毎日、3食、家族の食事とは別に作るのは大変!そしてマンネリしがちです。出来上がっている袋や瓶の離乳食とは違い、なるべく手作りで…と思っているママでも使いやすいのが、粉末になっている離乳食!お湯に溶くだけで味が付いたソースが出来上がるので、アレンジがしやすくメニューのバリエーションが増えます♪

野菜・肉・魚などの食材が入っているので栄養もUP!使い切りタイプなので、赤ちゃんにも衛生的で安心です。

 
 

実際に利用したレポート

今回利用したのは、「鯛あんかけ」と「チキントマトソース」

離乳食②

鯛あんかけは和風。葉物野菜との相性が良く、出汁を足すとさらに美味しくなります!お粥やうどんに合わせると、淡白な味から、味がしっかりついた食事へと早変わり。

離乳食③

チキントマトソースは洋風。トマトは薄皮を剥かないといけないので、下ごしらえは面倒ですよね。トマトの酸味がまろやかに感じるので、赤ちゃんがトマトの味を覚えるにはピッタリなソースです!じゃがいもなど、パサつきがちな食材にも◎

 
 

まとめ

・味のついた粉末となっている離乳食。

・メニューのバリエーションが増える。

・和風や洋風、粉末離乳食の種類も多い。


関連記事

コメントは利用できません。