親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

赤ちゃんにベビーソープを使う理由

アイキャッチ画像 赤ちゃん

赤ちゃん用のベビーソープが多く販売されていますが、みなさんはちゃんと赤ちゃん用を使っていますか?使い分けや買い揃えることが面倒で、ついつい大人のものを使用してはいないでしょうか。赤ちゃんにはベビーソープを使うべき理由を紹介します。

 
 

赤ちゃんの肌は薄い

美肌の代名詞のような赤ちゃんの肌ですが、実は大変繊細でその厚みは大人の半分程度しかありません。そのため、大人用の石鹸では刺激が強く、肌トラブルにつながる原因となってしまいます。

 
 

赤ちゃんの肌は乾燥しやすい

薄く繊細な赤ちゃんの肌は、乾燥しやすいので保湿が重要となります。そのためベビーソープは、保湿成分が配配合さ、汚れを落としながらも肌の潤いを取り過ぎないようになっています。

 
 

泡の力で優しく洗う

ベビーソープには泡で出てくるタイプが多くなっています。スポンジでゴシゴシこすってしまうと、赤ちゃんには刺激が強すぎて肌トラブルの原因になってしまいます。赤ちゃんの体を洗う時は、たっぷりの泡を肌とお母さんの手の間のクッションのようにして、優しく洗いましょう。

 
 

泡切れがいい

体が柔らかく、腰がすわらない赤ちゃんの体を洗うことは大変です。丁寧でも、手短に済ませたいですよね。ベビーソープは泡切れがよくなっており、目につきにくい泡の流し残しを防ぎます。石鹸の流し残しは乳児湿疹などの肌トラブルの原因の一つです。泡切れがいいベビーソープできれいに流しましょう。

 
 

まとめ

 
あひる

1歳を過ぎたあたりからベビーソープをやめて大人と同じものを使用する家庭が多いようです。大人と同じものに移行する際は赤ちゃんの肌の様子を見て行いましょう。乾燥肌などデリケートな肌質の子にはまだまだ刺激が強すぎてしまうかも。赤ちゃんが小さいうちは、赤ちゃんのことを考えて優しい成分でできているベビーソープでぜひ洗ってあげてくださいね。


関連記事

コメントは利用できません。