親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

同じテーブルでご飯を!幼児用お食事クッションの作り方

お食事クッション①

子どもは成長と共に食事のスタイルも変わります。その際、大人と同じテーブルで食べたいと思っても子どもの大きさには合わないので、高さが足りずにウロチョロ動いたり、食事をこぼしてしまう原因となるでしょう。今回は家にある材料で作る、お食事クッションの作り方を紹介します♪

 
 

お食事クッションの作り方

<材料>

・牛乳パック 10本

・新聞紙 適量

・テープとはさみ

・クッションカバー  45×45cm 1枚

 

お食事クッション②

①牛乳パックに新聞紙を丸めて入れる。牛乳パック1本に対して新聞紙1枚半分が3個に分けて入ります。

 

お食事クッション③

②口の部分を折り曲げてテープで止める。

 

③新聞紙を入れた牛乳パックを10本作る。

 

お食事クッション④

④テープで5本づつまとめて止め、さらにそれを上下にくっ付けて、四角の形とする。

お食事クッション⑤

⑤クッションカバーの中に収めてファスナーをしたら完成です!

クッションカバーは45cm×45cmがピッタリです。ファスナーがあり生地が厚めの方が耐久性が良く、お尻に敷いても痛さは軽減します。汚れてもクッションカバーなので、洗濯がしやすいです♪

 
 

まとめ

・牛乳パック10本と新聞紙で作るお食事クッション。

・製作時間は30分ほどで簡単です。

・高さがあるので大人と同じテーブルで食べることが出来ます。


関連記事

コメントは利用できません。