親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

離乳食を簡単に作ってみよう!

離乳食を簡単に作ってみよう!

できるだけ離乳食は手作りであげたい!けれども大変だし時間もない…。

そんなお母さんに少しでも時短になれればと思い実際に私が作っていた方法をご紹介します。

 
 

だしは一気に作ろう

離乳食の基本は出汁です。出汁はたくさん作って冷凍しておくととても便利です。

私が実際に作っていた時の出汁の取り方は母親に習いました。

 

前日からお鍋いっぱいのお水に昆布(切り込みは入れないで)を入れておきます。

翌朝には昆布の出汁がたくさん出ているので、そのまま火にかけてあとは一般的な出汁の取り方で作ります。

私は鰹節をこんなに?と思うくらい入れていました。

粗熱がとれた出汁は製氷皿に入れて冷凍しておきます。

使いたい時に1つずつ取り出すことができるのでとっても便利ですよ。

 
 

炊飯器を使ってみよう

野菜を柔らかくするのって結構大変ですよね?柔らかく煮込むと時間もかかるし栄養も逃げちゃうし…

 

そんな時にお勧めなのが炊飯器の早炊き機能!野菜を角切りに切ったあと炊飯器に入れて、出汁もひたひたになるくらいに入れてあとはスイッチオン!

出来上がって見てみると野菜が柔らかくなっていて、そのまま粗熱をとって製氷皿に小分けにして冷凍しておけば使いたい時にすぐに使えます。

ぜひ使ってみてください。

 
 

大人の料理を分けて作ってみよう

例えば大人がカレーを作るとき、野菜やお肉を柔らかくなるまで煮込むと思います。

その煮込んでいる野菜を少し取り分けて離乳食に活用してみましょう!コンソメスープにしても美味しいですね。

 

麻婆豆腐の味付けする前にひき肉と豆腐を取り分けて薄味で味付けすればお子様も美味しく食べられます。

 
 

まとめ

いかがでしたか?離乳食を毎日作るのは大変ですが簡単に作れて美味しい離乳食をぜひお子様に食べさせてあげましょう。

冷凍庫が離乳食でいっぱいになりますが、1週間程度を目安に使い切ってくださいね。


関連記事

コメントは利用できません。