親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

秋の森で過ごした~森のようちえん体験入園レポート~

森のようちえん~体験入園~①

ずっと気になっていた森のようちえんへ1日体験入園をしてきました。2歳の娘と共に走って登って見つけたものが沢山ありました。森のようちえんでの体験について、ほんの一部ではありますがご紹介いたします。

 
 

一日の流れ

10時:集合→焚き火を囲んでミーティング

12時頃:お昼ご飯

13時:解散

 
 

活動内容

森のようちえん~体験入園~②
森のようちえん~体験入園~③

娘はお絵描き・工作をした後にロープで遊んでいました。その横で他の子供たちは鬼ごっこ。その後は数人のグループになり山ブドウを食べに森の上の方へ歩いて行きました。山ブドウ・クワの実など森には食べる物が沢山!種もあり酸っぱいはずの山ブドウを、舌が紫色になるまで食べました。

森のようちえん~体験入園~④
森のようちえん~体験入園~⑤

この日は寒いのに川遊びもしました。水はキンキンに冷えていましたが、子供たちには関係ない模様。お昼ご飯は小屋に戻り食べて解散となりました。

 
 

感想

森での時間はゆったりしていて時間の感覚がありません。気付いたらもう終了の時間となっていました。そして空気が澄んでいてひんやり。焚き木ってすごく暖かいんだなと感じれました。きのこがびっしり生えている木を見つけたり、何かの骨を見つけたり、大きなカタツムリを見つけたり…森の中だからこそ出会えるものに沢山出会いました。

お昼ご飯が出来上がっても遊び続けている子供がほとんどでした。いつも遊び切ってから食べるようです。園舎がわりの小屋によじ登ったり、ドラム缶に溜まった水を観察していたり色々です。「早く」「危ない」「ダメ」と言う言葉が聞こえないし、言わなくてよい環境です。

 
 

まとめ

・決まっているのは集合時間と解散時間のみ。

・娘と共に森の中で沢山遊び、出会った。

・子供に対して禁止言葉・命令言葉を言わなくてもよい環境。


関連記事

コメントは利用できません。