親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

予防接種のワクチンが少ない時はどうしたら良い?我が家の体験談

写真1

2017年はインフルエンザの予防接種のワクチンが少ないということがニュースにもなっていますね。我が家の体験談になります。

 
 

10月1週目

上の子が幼稚園に通いはじめた為、はやめに接種しようと考えていましたが子どもたちの体調が微妙な状態に。ママのみ、内科で先に接種。

 
 

10月2週目はじめ

体調が良くなり、小児科で子ども2人の1回目の接種。この時、他のお母さんが「今年はワクチンが少ない為、今月に予約してあったお母さんの接種は難しい状況になりました。12月以降にしていただけますか?」と受付で言われているのを聞きました。

 
 

10月2週目末

2回目の予約を電話でするように言われましたが、入荷のめどがたっていない為、かけなおしてほしいと言われる。不安になり、他院にも問い合わせました。

・小児科B:10月13日で在庫切れ

・小児科C:ワクチン不足の為、1週目で予約受付終了。1回目の接種を当院で受けたお子さんのみ、2回目の接種を当院で受けることが可能。

・小児科D:10月下旬以降の接種を推奨している為、接種開始していない。予約制ではない為、ワクチンの有無は直前に確認してほしい。

・小児科E:接種の時間帯の予約はできるが、ワクチンの確保のための予約ではない為、ワクチンが残っていない可能性もある。

インフルエンザ予防接種をしてくれる耳鼻科・整形外科なども問い合わせてみましたがワクチンそのものの予約ができるところは近隣にはない状況でした。

かかりつけ医の状態次第では、2回目が接種できるタイミングでワクチンの残っている他院で受けることも視野に入れました。

 
 

10月3週目末

かかりつけの小児科から正式な回答があり、接種時間・ワクチンの予約可能な状態に。2回目の予約ができ、一安心しました。

 
 

まとめ

インフルエンザに限らず、乳幼児のうちは予防接種を受ける機会が多い為、ワクチン不足のニュースはチェックし、対応を考える必要があります。エリアにより差がある為、祖父母の住んでいるエリアの状態なども確認し、接種しにいくのも一つの手段です。


関連記事

コメントは利用できません。