親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

教育資金贈与信託などの金融商品について

IMG_20151119_134924

教育資金の面などで子どものお金に関わる金融商品はいろいろとありますね。実際に信託銀行に足を運び知った商品を3つ、ご紹介します。

 
 

教育資金贈与信託

おじいちゃん・おばあちゃんの間でも話題になっているお孫さんの教育面のサポートができる商品です。

この商品は0~30歳のお孫さんに対して贈与することができます。贈与税非課税枠は1500万円ということで、相続対策としては、最も多額の金額を一回で贈与できる商品になります。使える用途は教育資金に限定されていて、金融機関へ教育資金の支払いを証明できる領収書等の提出が必要になります。また、使い切れなかった金額は贈与税の課税対象となるので注意が必要です。

 
 

暦年贈与信託

相続税の課税対象額を少なくできるという意味で「生前贈与」を考えているおじいちゃん・おばあちゃんにはオススメの商品のようです。

贈与を受ける方の年齢に制限もなく、お孫さんへの贈与も可能です。資金使途に制限がないのもありがたい点です。贈与する都度、贈与手続きが必要となる点はご注意ください。

 
 

結婚・子育て支援信託

結婚や子育ての資金を非課税で贈与できる商品です。1000万円まで贈与税が非課税になります。

この商品は子育て・結婚ということで、使える用途の幅が広い点がメリットです。子どものお金については「教育資金」までで考えが終わりがちですが・・・実際にサポートするケースも多いと言える、結婚資金のことまで考慮できる点はありがたいですね。

なお、平成31年3月末がこの商品の申し込み期限となっている為、ご注意ください。

 
 

まとめ

利用する・しないは慎重に検討する必要がありますが、信託銀行が主に取り扱っている金融商品にもアンテナをはっておくことは良いことではある為、今後も目を向けていこうと思っています。

今後税制が変わる可能性もあることから、実際に検討される際には各種金融商品取扱会社にお問合せください。


関連記事

コメントは利用できません。