親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

これから出産のママ必見!産婦人科は個人・総合病院どちらが良いの?

産婦人科選び

赤ちゃんができたら、まずは出産するための産婦人科選びをしなくてはいけません。

産婦人科には、総合病院と個人院の2種類があります。

せっかくなら自分に合った病院で出産したいですよね!

今回は総合病院と個人院の特徴をまとめていきたいと思います。

これから産婦人科を決めていくママはぜひ参考にしてくださいね!

 

総合病院の特徴

まずはいろいろな科が属している総合病院の特徴を箇条書きにしていきたいと思います。

~総合病院の特徴~

【メリット】

・大きい病院なので設備が整っているところが多いので安心(NICU(新生児集中治療室)など)

・もしも出産中に母体に何かあった場合でも、様々な科が属しているため、早急に対応でき安心

・県立や公立の総合病院だと比較的にリーズナブルな値段で出産・入院が可能

・充実した設備や様々な科があるため、出産にリスクのあるママも受け入れてくれやすい

 

【デメリット】

・大部屋の場合、部屋の設備はそこまで良くない場合が多い

・入院中のご飯はどこもあまり評判が良くない

・妊婦健診の時に待ち時間がかなり長い

・総合病院なので、健診に行くと風邪をひいている人もいるので気になるママもいる

・健診の度に医師がころころ変わるのでコミュニケーションが取りづらい

 

以上が総合病院の特徴でした!

総合病院の魅力は医療設備の充実と値段です。

そして、大きい病院だと出産にリスクのあるママも快く受け入れてくれるので、どんなママも安心できますね!

 

個人院の特徴

次に出産などを中心に産婦人科に特化している個人院の特徴を箇条書きにしていきたいと思います。

【メリット】

・入院設備が整っていたり、豪華になっているところが多い

・ごはんがおいしいと口コミが多い

・妊婦健診の際、比較的待ち時間が少ない

・健診の時はいつも同じ医師なのでコミュニケーションが取りやすい

・アットホームな雰囲気のところが多い

 

【デメリット】

・費用は総合病院に比べると比較的高い

・医療設備は総合病院よりも少ない

・看護師さんが少ない時間帯があるので、急なトラブルが怖い

・出産のリスクのある妊婦は受け入れてもらえないところが多い

 

以上が個人院の特徴です。

個人院は同じ先生が最後まで見てくれる場合が多いので、ここが人気の理由の一つです。

他に、部屋がきれいだったり、ご飯がおいしいということも評判になっています。

 

まとめ

以上が総合病院と個人院の特徴でした。

どちらにもメリット・デメリットがありますね!

ぜひ、いろいろな産婦人科の雰囲気や先生との相性などを見てみて、より自分に合う病院を見つけてくださいね!

 


関連記事

コメントは利用できません。