親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

自宅で植物や生き物を育てる体験 前編

おたまじゃくしとり

昔と違って、自宅で動物や植物を育てることが難しくなっていますね。

我が家がチャレンジした3つのことを、前編・後編にわけてご紹介します。

 
 

豆苗

豆苗

スーパーで売られている豆苗。料理で使うために購入しましたが、袋に育て方の説明があった為、育ててみました。

子どもたちが好きな容器をあえて利用したのもよかったようで、毎日、お世話をしてくれました。

育て方は簡単で、料理で使わなかった部分を、水の入った容器に入れ、毎日水を取り替えてあげるのみ。

「わー、どんどんのびていくね~!びっくりだよ。明日はどれぐらいのびてるかな・・・?」と言いながら育てていた息子でした。

最後は、記念の写真をとり、子どもたちに豆苗を切ってもらい、料理使わせてもらいました。

「豆苗さん、ありがとね!いただきます。」と言って食べていた息子でした。

おたまじゃくし

4月の終わり頃、子どもたちと「おたまじゃくし」がいる近所の水辺にいきおたまじゃくしをとりました。

持って行ったものは、ビンのみ。私自身は手ですくいながらおたまじゃくしをとりましたが、息子もすんなり、ビンですくっていました。

はじめてとれた時は大喜びしていた息子!実際には3匹持ち帰り、1晩だけ自宅で飼わせてもらうことに。

娘も一緒に、ずっとおたまじゃくしを眺めていました。

翌朝、また水辺に戻しにいってあげました。戻してあげた途端、元気に泳ぎだしたおたまじゃくしをみて「元気でね!カエルになってね!!」と手を振っていた子どもたちの姿が印象的でした。

その後も近くを通るたびに、「おたまじゃくしさん、カエルになったかな~」とはなしている息子です。後編へ続きます。


関連記事

コメントは利用できません。