親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

「ダメな子ね」と叱ると本当にダメな子になります

ラベリング

「本当あんたはダメな子ね」

このように叱ってしまうと、本当にダメな子になってしまいます。

その理由は「ラベリング」を知ればわかります。

 
 

ラベリングとは?

ラベリングとは、人からある「レッテル」を張られると、その「レッテル」通りの言動をとるようになることです。

例えば、

「あなたって本当に大ざっぱね~」

と言われた(レッテルを貼られた)人は、本来はすごく神経質な性格をしていても、無意識に大ざっぱな言動をとってしまうのです。

 
 

親が子どもをダメな子にする

「こんな問題も解けないなんて、本当にダメな子ね!」

と言われると、

「どーせ、僕はダメな子ですよ」

と思い、ダメな子のレッテルに沿うように、勉強やお手伝いをしなくなります。

このように、親の何気ない一言が、子どもの性格を間違った方向に育ててしまうのです。

 
 

「良いレッテル」を貼ってあげよう

別にラベリングはネガティブなものではありません。

子どもが、お手伝いをしてくれたら「○○は本当に気遣いができる、優しい子ね~」と声をかけてあげれば、その通りの素敵な人間になるでしょう。

算数のテストで良い点を取ったら、

「△△は算数博士だね~」と声をかけてあげれば、算数に意欲的に取り組むでしょう。

 
 

まとめ

このように、子どもへの声かけ一つで、優しい子にもダメな子にもなるのです。


関連記事

コメントは利用できません。