親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

いつでもできる!子どもの五感の鍛え方

  • 2017
五感の鍛え方

五感をバランスよく刺激すると、心身ともに豊かな大人になります。

今回は、いつでもどこでも簡単にできる、五感の鍛え方を紹介します。

 
 

視覚の鍛え方

遠くの山や建物を見る、雲の動きや飛行機を見る、などが挙げれられます。

家のベランダやデパートの屋上など、様々な場所から見れば視覚を鍛えることができます。

 
 

触覚を鍛え方

公園の花や葉っぱに触れさせる、裸足で砂場遊びをする、などが挙げられます。

「花や葉っぱを触るなんて汚い」と考える親御さんも少なくないでしょう。

しかし、自然との交流は子どもをより豊かにしてくれます。

 
 

嗅覚を鍛え方

公園の花や葉っぱ、いろいろな食材のにおいを嗅がせる、が挙げられます。

近年では、空気清浄機を持つ家庭が増え、においに触れる機会が減っています。

ですが、なんでもかんでも遮断することは、子どもの発達によくありません。

 
 

味覚を鍛え方

甘さやしょっぱさ、苦さなど様々な味覚に触れさせる、が挙げられます。

子どもは食べ物の好き嫌いが多いです。しかし、いろいろな味覚を知ることは、良い経験になります。

 
 

聴覚を鍛え方

雨や風の音を聞かせる、図書館などの静かな空間に連れていく、などが挙げられます。

テレビや音楽だけでなく、自然の音に触れることで、より外界の楽しさに興味を持つでしょう。

 
 

まとめ

大切なことは「五感を意識する」ことです。

ただ、遠くを見させるのではなく、「なにがどう見える?」など、「見る」ことを意識させる働きかけが大切です。


関連記事

コメントは利用できません。