親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

専業主婦のほうがなぜ辛いのか?

  • 2017
専業主婦のほうがなぜ辛いのか?

現在、専業主婦になりたい女性が多くいるそうすが、フルタイムで働く既婚女性よりも専業主婦のほうが、育児ストレスが高いと言われています。

それはなぜなのか説明してしたいと思います。

 
 

外の世界とつながれない

 

専業主婦になると、交流する人が限られてしまいます。

そのため、新鮮な刺激が得られず、ストレスが溜まりやすくなってしまいます。

 
 

子ども中心の生活

 

子どもの行動は予測がつかず、常に振り回されてしまいます。

専業主婦だと、子どもと時間を共にすることが多いので、ストレスが溜まってしまいます。

 
 

家事と育児だけの人生

 

専業主婦は家庭内での役割です。

 

専業主婦を続けていると、母親としてではなく一人の人間として、「社会と関わりたい」「自己実現をしたい」という思いにかられます。

働くことは確かに面倒で嫌なことも多いです。

 

しかし、社会に自分が必要とされている感覚は、仕事から離れて初めて実感できる貴重なものなのです。

 
 

まとめ

 

今回は専業主婦になることを一度考え直してみては?という思いを込めて書かせていただきました。

しかし、今の日本では出産後の就職が難しいため、仕方なく専業主婦をやっている女性も少なくありません。

 

まずは、そこが改善されることを願っています。


関連記事

コメントは利用できません。