親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

集団生活の前に病気の流行シーズンを知っておこう

集団生活と病気 子育て

保育園や幼稚園に入園する際に気になるのは病気をもらってくることですよね。「初めての集団生活の洗礼にママもばたばた!」とならないよう病気の流行シーズンについて勉強しておきましょう。

 
 

春の流行

 

季節的な流行りものは特にないものの、環境の変化や疲れが原因で子どもが体調を崩しやすい時期です。

 

発熱や咳、鼻水といった風邪の症状に気を付けてあげましょう。慣れない集団生活のスタートですから、様子を見て無理な登園を避けます。

 
 

夏の流行

 

手足口病・・・発熱、口内炎や手足の水疱性の湿疹が特徴です。口内炎の症状によっては食欲が減退するため脱水にも気を付けてあげなければなりません。

 

ヘルパンギーナ・・・高い熱が続き、のどに水疱ができます。高熱による熱性痙攣にも注意が必要です。

 

プール熱・・・プールの水を介してアデノウィルスに感染します。発熱、咽頭炎の他に目ヤニなど目のトラブルも引き起こします。

 
 

秋の流行

 

RSウィルス・・・鼻水や咳、発熱の症状が出ます。気管支炎にもなりやすいのでぜーぜー音に注意しましょう。

 

ノロウィルス・・・嘔吐、下痢の症状が出て、大人への感染力が高い病気です。汚物は直接手で触らない、お湯で消毒、除菌などの処理に気をつけましょう。

 
 

冬の流行

インフルエンザ・・・感染力が高いインフルエンザは突然高い熱が出て驚くことでしょう。出席停止にもなるので、子どもの熱の様子をよく観察しましょう。

 

ロタウィルス・・・発熱とともに下痢や嘔吐を繰り返し、便の色が白っぽくなることが特徴です。嘔吐下痢の症状が強いので、脱水症状には十分注意しましょう。

 
 

まとめ

 

集団生活ではウィルス系の病気が流行しがちです。学年が上がるとともに抵抗力もつきますが、小さいうちはとにかくいろいろな病気を次から次にもらってきます。

 

病気の流行シーズンを知ることで子どもの些細な変化に気づき、予防できるよう心掛けましょう。

 
 


関連記事

コメントは利用できません。