親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

赤ちゃんの肌を守る入浴法で乾燥を防ごう!

アイキャッチ画像①

憧れの美肌の代名詞にもなるほどきれいなイメージの赤ちゃんの肌ですが、実はとても繊細であることをご存じだったでしょうか。赤ちゃんの肌は皮膚が薄く、乾燥しやすいため肌トラブルとは常に背中合わせなのです。そんな繊細な赤ちゃんの肌を毎日の入浴方法の見直しで、乾燥から守ってあげましょう。

 
 

熱いお湯に長湯はNG

秋冬はよく温まろうと長湯しがちですが、熱いお風呂に長湯すると皮脂が落ち乾燥しやすくなってしまいます。38度~39度のぬるめのお湯で長湯しないよう気を付けましょう。体が小さな赤ちゃんは短時間でも頬が赤くなるほど温まることができますよ。

 
 

たっぷりの泡で優しく洗いましょう

汗をかきやすい赤ちゃんの肌の汚れを気にしてゴシゴシ洗ってしまうと、デリケートな赤ちゃんの肌を刺激してしまうことになります。きめの細かいたっぷりの泡で優しく洗ってあげましょう。肌トラブルが気になる赤ちゃんにはスポンジではなく、赤ちゃんの皮膚との間に泡をはさむようにお母さんの手で優しく洗ってあげましょう。

 
 

洗う時は頭から

洗う時は頭から洗ってあげましょう。そうすることで、頭を洗ったときに首や肩などに残っていた石鹸を最後にきれいに洗い流してあげることができます。

 
 

まとめ

ほんの少し入浴方法を工夫するだけで、赤ちゃんの柔らかい肌の乾燥を防ぐことができます。また一番大切なことは湯上りの保湿です。お風呂を上がった瞬間からどんどん水分は失われていきます。優しく体を拭いてあげたらできるだけ早めにたっぷり保湿剤を塗ってあげましょう。


関連記事

コメントは利用できません。