親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

新生児の赤ちゃんの肌がぼろぼろ!?”新生児落屑”について

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

新生児の赤ちゃんの肌が突然ぼろぼろ脱皮のようにはがれ始めてしまったら、びっくりしてしまうお母さんも少なくないと思います。

しかし、それは病気ではなく“新生児落屑(しんせいじらくせつ)”という状態なのです。

それでは新生児落屑についてまとめていきたいと思います。

まず新生児の肌について知ろう!

新生児の肌は初めて外気に触れるためとてもデリケートなのです。

そして、生まれたての赤ちゃんには“胎脂(たいし)”がついています。

胎脂とは羊水の中で赤ちゃんの顔や体の肌の潤いを保つために付着している白っぽい脂肪分で、出生後も乾燥から守るために付いています。

なので、産院では胎脂はわざととらないというところがほとんどです。

胎脂が付いているときは赤ちゃんの肌トラブルは少ないですが、なくなると肌トラブルが目立ち始めます。

赤ちゃんの肌は大人と同じ構造ですが1枚1枚の層が薄かったり、まだまだ働きが万全でなかったりするために肌トラブルが現れやすいのです。

新生児落屑とは何だろう?

では、そんな新生児の赤ちゃんの肌の最初の変化の“新生児落屑”についてご説明していきたいと思います。

新生児落屑とは、今まで羊水の中で潤いを保っていた皮膚が外気により、急激に乾燥して剥がれおちていく状態のことを言います。

だいたい生後1カ月以内(胎脂が取れたころ)に約90%の赤ちゃんに現れる症状で決して病気ではありません。

乾燥した皮膚がすべて剥がれおちると、新しい皮膚が押し上げられ元通りのきれいな肌に戻ります。

剥がれ始めてから1~2週間ですべて剥がれおちてしまいます。

乾燥して気になってしまうお母さんもいると思いますが、特に保湿する必要はありません。

ただ、気になって無理やり剥がしてしまうということは絶対にしないようにしましょう!

赤ちゃんによっては、お母さんのおなかの中にいる時点で胎脂が取れ、皮膚も剥がれおちてしまって、生まれてから新生児落屑の症状が現れない子もいますので、新生児落屑の症状がないからといって心配しすぎなくても大丈夫です。

もし、新生児落屑の症状が2週間以上続いたり、炎症やただれを起こしてる場合は皮膚科や産婦人科に受診しましょう!

まとめ

今回は新生児落屑についてまとめていきました。

初めての赤ちゃんで右も左もわからないという状態の時に赤ちゃんの肌がぼろぼろと剥がれおちてしまったら、びっくりして慌ててしまいますよね!

でも、このように発達段階の過程だったりするので、お母さんもどんとかまえていきましょう!

もし、不安になったら病院に行くこと以外にも保健センターに電話相談もできるので活用していきましょう。


関連記事

コメントは利用できません。