親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

大流行中ノロウイルスから赤ちゃんを守ろう!

ノロウイルス

冬になると毎年必ず流行するノロウイルス!

ノロウイルスにかかってしまうと大人でも泣きたくなるくらい辛い症状がでてきますね。

そんなノロウイルスが赤ちゃんにかかってしまうのは、もう見ていられません!

赤ちゃんをノロウイルスから守るためにノロウイルスの特徴と対策を知っておきましょう。

ノロウイルスの特徴

”ノロウイルス”とは、非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一種です。

毎年11~1月に流行します。

ノロウイルスには24~48時間の潜伏期間があるので気を付けましょう!

そして、大きな特徴は他のウイルスとは違い、アルコールや熱に抵抗力があり効きません。

感染力が非常に強い為、2次感染もかなり多くなっています。

症状

ノロウイルスの症状を箇条書きにまとめていきたいと思います。

・発熱(37~38度)

・激しい吐き気、嘔吐

・激しい下痢(水っぽい便)

・腹痛

以上がノロウイルスの症状です。

嘔吐を何度もしてしまうので”脱水症状”に陥りやすくなったり、小さい子どもやお年寄りは吐しゃ物をのどにつまらせたり、肺に入ってしまい肺炎を引き起こし死亡するケースもあります。

必ず、こまめな水分補給と、子供やお年寄りには仰向けで横になっていないかなど確認してあげましょう!

どんな対策があるの?

一番の基本はやはり「手洗い・うがい」です。

できれば、「アルコールで消毒しておく」とより効果的です。

魚や貝などの生食は、ノロウイルスの感染のリスクが高いので極力加熱しましょう。

その際に使用する調理器具やキッチン用品も必ず消毒します。

もし、近くで嘔吐してしまった人がいて、片付ける場合は必ずマスクと手袋は着用してください。

すばやくペーパーなどで片付けて、汚物はビニール袋などに密封しましょう。

2次感染のリスクを下げるために、片付けた後は次亜塩素酸水(強力な殺菌力を持つ)でその場を消毒しましょう。

次亜塩素酸水で手を消毒というのはやめましょう。

まとめ

以上がノロウイルスについてでした。

ちょうど今、流行していますね!

赤ちゃんにノロウイルスがかからないように、まずお母さんやお父さんなど周りにいる大人がかからないように努力しましょう!


関連記事

コメントは利用できません。