親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

毎日使える!おすすめベビーサイン5選

おすすめベビーサイン

ベビーサインを始めたいと思ったけれど、どこから始めたら良いか分からないと思うことはありませんか?

実際にベビーサイン育児をして、覚えやすくて毎日使えるベビーサインを今回は5種類紹介します。

①もっと

 
おすすめベビーサイン もっと
 

すぼめた両手同士を触れ合わせます。

もっと食べたい・もっと遊びたい・もっと絵本を読んでなど、「もっと」を使える場面は沢山あります。「もっと」に答えることは大変ですが、答えてあげると子供はきっと笑顔になりますね。

 
 

②おしまい

 
おすすめベビーサイン おしまい
 

両手をパチンと叩きます。

「もっと」を覚えることで子供の欲求が分かりますが、それでも終わりを教えなければいけません。これでおしまいという所で「おしまい」のベビーサインをすることでメリハリがつきます。

 
 

③美味しい

 
おすすめベビーサイン おいしい
 

片手で頬を軽く叩きます。

ママが作ったご飯を美味しいと言ってくれると嬉しいですね。笑顔と共に「美味しい」のベビーサインをしてくれると育児も楽しく思えます。

 
 

④飲み物

 
おすすめベビーサイン
 

人差し指で口元を触ります。

喉が乾いて飲み物が飲みたい時に役立ちます。夜起きた時は、子供は喉が乾いて泣いている場合もあるので、夜泣きの理由も分かることがあります。

 
 

⑤痛い

 
おすすめベビーサイン
 

両手の人差し指同士をツンツンします。

痛みは泣くことで訴えることが出来ますが、「ここが痛い」という場所はなかなか子供から伝えることはできません。そんな時、例えばベビーサインで「痛い」を耳の近くですると、耳が痛いと分かることができます。

子供の健康維持にも役立つサインとなります。]

 
 

生活にも健康にも役立つベビーサイン育児法。ぜひ、お試しください。


関連記事

コメントは利用できません。