親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

3歳児以降におすすめの英語が学べるおもちゃを3つご紹介!

baby

2020年には小学3年生から必修化と言われている英語。それだけでなく、来日する外国人の増加やビジネス環境のグローバル化によっていよいよ英語が使えることはマストになってきていますよね。そこで、子どものうちから英語に触れて、将来不自由しないための英語のおもちゃでおすすめの3つをご紹介します!

 
 

1.「大きな木になる アンパンマンかさねていれてかぞえてABCキューブ」 アガツマ


みんな大好きアンパンマンの箱型おもちゃです。小さな箱から大きな箱まで10個あり、それらがロシアのマトリョーシカのように入れ子式になっているので、収納も便利です。大きな箱から順に積み上げていくと、アルファベットが表れてくるので、アンパンマンのキャラクターとともにアルファベットにも興味を持つこと間違いなし!順番に積み上げることで知育にも役立ちますよ。

 
 

2.「step to the world」 gg*


日本の女性2人組で2007年に起ち上げられたブランドgg*のかわいい靴下の形をした英語のおもちゃです。靴下は右足と左足でペアになっており、右足には、国旗、国名、その国の言葉で書かれた「こんにちは」、左足には、国旗のデザインをモチーフにしたグラフィックがあしらわれています。14か国の国名が英語で書かれているので英語への親近感が高まりますよ!

 
 

3.「ABCマッチングパズル」 Hape


アルファベットの形にくりぬかれた溝に同じ形のピースをはめこむおもちゃです。それぞれの文字や単語の読み方が学べますよ!ピースをはめこむ場所には、ヒントとなるイラストも描かれているので、子どもの知育にはもってこいです!それぞれのピースにはつかみやすい取っ手がついているのも良いですね。

 
 

まとめ


・英語にはなるべく早い時期から触れさせよう!

・最初はアルファベットに親近感を持たせよう!

・積み木や神経衰弱などゲームと一緒になっているものがおすすめ!


関連記事

コメントは利用できません。