親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

都内近郊のおすすめ博物館(美術館)3選~アニメ編~

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

出典:http://fujiko-museum.com/facilities/

幼い頃、家族でみたウルトラマンショー。誰しも、そんな想い出はありませんか?

大好きだったアニメの世界観がいっぱい詰まったテーマパークが、今も大人気!!

貴重な展示物の観覧をはじめ、体験コーナーやお土産まで満足感120%!!

今回は、都内からアクセスが良く、子どもから大人まで誰にでもなじみ深いアニメに関連したおすすめ博物館(美術館)を3つ紹介します。

時間を忘れて楽しめる非日常の空間へ、家族みんなで出発しよう!!

横浜アンパンマンミュージアム

アンパンマンミュージアム

出典:http://www.yokohama-anpanman.jp/event/2016/06/18/post-14564.html

「横浜アンパンマンミュージアム」とは


神奈川県横浜市にある、やなせたかし先生原案の人気キャラクター「アンパンマン」を題材とした博物館です。入館料の必要な「ミュージアム館」と誰でも立ち寄れる「ショッピングモール」に分かれています。

時間帯により様々なイベントが開催されており、アンパンマンの人気のキャラクター達と触れ合える体験型のテーマパークです。

現在の場所での運営は、2017年までの予定となっているので、今のうちに遊びに行ってみてはいかがですか!

見どころ


何といっても、1日に何度も開催されるアンパンマンショーが大人気です。「ショッピングモールエリア」でも行われているようなので、公式サイトでイベントスケジュールをチェックしましょうね。

また、アンパンマン号やバイキンUFOなど子ども達が大好きな乗り物の運転を体験できたり、ジャムおじさんになりきってパン作り気分も味わえちゃいます!

アンパンマングッズやたべものがいっぱいの「ショッピングモールエリア」でお買い物もでき、充実した一日になること間違いなしです。

料金


1,500円(1歳以上)

※ショッピングモールは入場料無料。

見学対象者


制限なし(ミュージアム内にはベビーカーは持ち込めません)

予約方法


当日入場になります。

公式サイトで、ミュージアム・エリアの混雑状況がリアルタイムで確認できるので、お出かけ前にチェックすることをおススメします。

公式サイト


http://www.yokohama-anpanman.jp/main.html

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

藤子・F・不二雄ミュージアム

出典:http://fujiko-museum.com/facilities/

「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」とは


神奈川県川崎市にある、藤子・F・不二雄先生原案の人気キャラクターたちを題材とした博物館です。

「ドラえもん」をはじめ「パーマン」、「キテレツ大百科」などなど、子どもから大人まで誰からも愛されるキャラクターに会えるスポットとして、大人気です。

見どころ


F先生が描いた原画が見られる展示室は圧巻です!あらかじめ 貸してもらえる「おはなしデンワ」で、じっくりと詳しい説明や裏話なども聞け、子どもは楽しい気分で、大人は懐かしい気分に浸りながら、ついつい時間がたつのを忘れてしまいます。

常設展示の他、期間限定の企画展示も用意されているので、いつ行っても楽しめますね。

200インチスクリーンを備えた映像展示室「Fシアター」では、ここでしか観ることができないオリジナル作品が上映されており、ドラえもんとコロ助の共演が観れたりなんかして。。。

その他、作品にちなんだオリジナルメニューいっぱいのカフェ、魅力的なグッズ・お土産いっぱいのショップなど、一度は足を運んでみたい夢の空間です。

料金


大人・大学生 1,000円 高校・中学生 700円 子ども(4歳以上) 500円

※3歳以下は無料です。

見学対象者


制限なし(ミュージアム内にはベビーカーは持ち込めません)

予約方法


日時指定の完全予約制です。

入館チケットの購入は、ローソンチケットでのみ受け付けています。
※ミュージアムでは、入館チケットは販売していません。

・インターネットで予約(ローソンチケット会員登録が必要です)
・電話で予約(ローソンチケット会員登録が必要です)
・ローソン店頭Loppiで予約

詳しくはこちら

公式サイト


http://fujiko-museum.com/

三鷹の森ジブリ美術館

三鷹の森ジブリ美術館

出典:http://taptrip.jp/1707/

「三鷹の森ジブリ美術館」とは


東京都三鷹市にある、「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」などのアニメーションで知られる、スタジオ・ジブリの作品をテーマにした美術館です。館主は、世界的に有名な天才アニメーターである宮崎駿先生が務めています。

『迷子になろうよ、いっしょに。』のキャッチコピーの通り、スタジオジブリの作品世界を体験できる、幅広い年齢層に人気のスポットです。

見どころ


美術館そのものが、ジブリ作品の中に出てきそうな建物で、扉をあければそこはもう不思議の世界。窓やランプには、ジブリのキャラクターやすてきなお花、かわいい動物の絵が描かれた色とりどりのステンドグラスがはめ込まれています。

映画の雰囲気を、あちこちで感じることができます。

常設展示室である「映画の生まれる場所(ところ)」をはじめ、企画展示など特別展示も用意されています。

地下1階にある映像展示室「土星座」では、月替わりでオリジナル短編アニメーションが上映されています。

気になる情報は公式サイトでチェックしておきましょう!

その他、カフェ「麦わら帽子」やお土産ショップ「マンマユート」など、見どころ満載です。

料金


大人・大学生 1,000円  高校・中学生 700円  小学生 400円  幼児(4歳以上) 100円

※3歳以下は無料です。

見学対象者


制限なし(館内にはベビーカーは持ち込めません)

予約方法


日時指定の完全予約制です。

入館チケットの購入は、ローソンチケットでのみ受け付けています。
※ミュージアムでは、入館チケットは販売していません。

・インターネットで予約(ローソンチケット会員登録が必要です)
・電話で予約(ローソンチケット会員登録が必要です)
・ローソン店頭Loppiで予約

詳しくはこちら

公式サイト


http://www.ghibli-museum.jp/top.html

まとめ

・体験型テーマパーク!「アンパンマンミュージアム」

・夢の共演がここだけで観れる!「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」

・映画の中に迷い込んだ気分に!「三鷹の森ジブリ美術館」


関連記事

コメントは利用できません。