親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

0歳児におすすめの音絵本を3つご紹介!

baby piano

赤ちゃんは色んな音を聞くのが大好きです。それと同じくらい音楽を聞くのも大好きですよね。音楽は赤ちゃんのリズム感を養うのに最適です。最近は本屋さんに行くと数多く並べられている音絵本、色とりどりで効果音付きのものもあり、どれを選んだらいいか迷っちゃいますよね。そんな音絵本でおすすめの3つをご紹介します!

 

1.「わくわく!おうたえほん-音のでるえほん」三興出版


音絵本の中でも安定した人気を誇っているのが「わくわく!おうたえほん-音のでるえほん」。「どんぐりころころ」や「グーチョキパーでなにつくろう」、「おおきなくりのきのしたで」など、誰もが子どもの頃に歌ったことのある名曲が12曲も入っています。カラオケ機能もあるので、言葉を覚えて上手に歌えるようになってからも楽しめますよ。

 

2.「こころをそだてる 春夏秋冬きせつのうた」ポプラ社


こちらは、四季にまつわる有名な童謡にフォーカスした音絵本です。「はるがきた」、「われはうみのこ」、「ジングルベル」など、長年歌い継がれている楽しい曲がなんと25曲も収録されています!四季で季節ごとの歌を流してあげるもいいですね。歌の他に「カノン」などの誰でも聞いたことのあるクラシックが5曲入っているのもお得です。

 

3.「おかあさんといっしょのおうた」 ポプラ社


おなじみのEテレで放送されている「おかあさんといっしょ」で放送されている歌が4曲収録されています。曲数は少ないですが、さすがはEテレさん。なぜだか子どもが泣き止んで集中してしまうメロディなんです。効果音ボタンが2つあるので、月齢が上がってきたら、音楽に合わせてリズムを刻んで楽しむのも良いですね。他にもEテレ関係の音絵本はたくさん出版されているのでオススメです。

 

まとめ


・誰もが子どもの頃に歌った名曲を赤ちゃんに聞かせてあげましょう!

・いろんな曲調、リズムの音楽を聞くことで赤ちゃんの感性が磨かれます!

・Eテレで放送されている歌は泣きやませの鉄板なのでオススメ!


関連記事

コメントは利用できません。