親子ですくすく子育て応援サイト

menu

mom-ma

親子で歌おう!歌いつぎたい日本の童謡「春が来た」

  • 2016
春が来た

すっかり春らしくなって、お散歩など外出が楽しくなる季節になりましたね。

今回はお子さんと一緒に歌える童謡の中から、「春が来た」を紹介します。春と言えば、まずのこ歌が浮かぶ方も多いと思います。

明治43年発行の『尋常小学読本唱歌』にて発表された歌で、子供たちが歌いやすいように平易な言葉が選ばれています。

ぜひお子さんと一緒に歌いながら、あたたかい春の日を満喫してくださいね!

 

「春が来た」とは


 

 

「春が来た」は高野辰之作詞、岡野貞一作曲による童謡です。

上述のとおり、明治43年発行の『尋常小学読本唱歌』にて発表され、実に100年以上も、日本で歌い継がれてきました。

長い冬が終わり、そこかしこにおとずれた春のよろこびを、朗らかなメロディにのせて歌っています。誰でも知っているあまりに有名な歌ですが、3番まですべて歌える人は意外とすくないかも?

かくいう私も、2番までは歌えましたが、3番があるとは知りませんでした(汗

 

歌詞紹介


「春が来た」作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一

春が来た 春が来た どこに来た
山に来た 里に来た 野にも来た

花がさく 花がさく どこにさく
山にさく 里にさく 野にもさく

鳥がなく 鳥がなく どこでなく
山でなく 里でなく 野でもなく

 

3番の歌詞は、鳥についての歌詞だったのですね。

春を告げる鳥といえば、やはりウグイスでしょうか。「春告鳥」という別名もあるくらいですからね。我が家の庭先にも、3月の中旬頃でしょうか、よく遊びにきては美しい声をきかせてくれました。

またウグイスだけでなく、水辺に行けば、小魚やオタマジャクシも見られるようになり、タンポポなどたくさんの花が咲きはじめる季節でもあります。

せっかくのあたたかい春、外出して自然にふれながら、この歌を口ずさんでくださいね!

 


関連記事

コメントは利用できません。